英語キッズアニメ ー Super Why! 

こんにちは〜

ニューヨークには多くの日本人が住んでいます。

10年以上米国に住んでいて、英語の語彙力&文法に問題無し、アメリカ人と結婚して、ネイティブEnglish Speakerの子供をもって、、と生活環境は完全にアメリカンなのに、なんだか英会話がたどたどしい感じの日本人の方、結構います。

発音が悪いのです。発音ができないっていうのは=聞き取れない英語の音域があるのだと思います。何て言ってるかわからない単語をどうやって言うのでしょう。

 

一方で、5才くらいまで米国に住んでいて、それ以降は日本で育ち、英語は苦手、文法めちゃくちゃ!なのに、発音は完璧〜♬な日本人がいます。

暗記した単語は使わないと忘れますが、聞き取れる音域を広げておくと、その音域にあまり触れる機会がなくても、その聞き取り能力は衰えないんですね〜。

 

というわけで、私の個人的な幼児期の英語学習のおすすめは、1にも2にも発音をマスターさせること。聞き取れる音域を広げておいてあげること。

幼児期にABCが読めなくても書けなくても大丈夫。そこに時間をさく必要はないと思います。幼児期にABCを書けるようにした子と比較して、それが原因で大人になってからの英語力に差が生じることはないでしょう。

 

大人が完璧な発音を身につけるには、人によってはかなりの時間を要します。地頭の良し悪しは関係しません。でも幼児は違う。一度聞いた単語をそのまま綺麗に発音できたりしますね。幼児期だからこそできることは脳内でカタカナに自動変換しない外国語の聞き取り!もうこれにつきます。素晴らしいです。

だからこそ、幼児期はネイティブの発音に触れる機会を沢山つくってあげたいです。

さて、随分前置きが長くなりましたが、

今日紹介するアニメは Super Why!

アルファベットや英単語を教えている幼児向け教育番組です。ストーリーは主に童話をベースに展開します。主人公は4人組のレスキュー隊で、問題の解決を言葉遊びで行います。

※ 以下に紹介する動画はYou Tubeなので、画面にコメントが出たりしますが、その場合はカーソルをコメントにあて、右上の×ボタンをクリックして、コメントを消してください

3匹の子豚 (The Three little pigs)

ブタ君からヘルプの要請!「積み木を積み上げて遊んでると、ジルちゃんが足で潰してぐちゃぐちゃにしちゃうんだ。どうしたらジルを止められるの?」

よし!問題が生じた時は、本を参考にしよう!ということで選ばれた本はThe Three Little Pigs(3匹の子豚)。

4人は解決の糸口を見つけるべく物語の世界に入ります。

問題は物語の単語の「アルファベット」「単語」「スペリング」を変えることで解決していきます(壁 Wall があって通れないよ→ Wall のWをBに変えてみよう!壁がBall変わって転がってなくなったよ!といった感じ)

言葉遊びで悪いオオカミを良い子にして、なぜ悪戯するのかオオカミの気持ちもきいてみよう!

問題を解決するごとに Supper Letters(アルファベット)を得る事ができ、そのアルファベットをSuper Duper ComputerにインプットするとSuper Story Answerなる、解決のヒントが得られます。

今回得たヒントは「FRIEND」

もしかして、ジルちゃんは友達がほしいんじゃないかな?

 

■ 眠り姫  (Sleeping Beauty) 

 

■ 赤ずきんちゃん  (Little Red Riding hood)

 

■ シンデレラ  (Cinderella)

 

■ ジャックと豆の木  (Jack and the beanstalk)

 

 

 

 

英語キッズアニメ ー Super Why! 」への1件のフィードバック

コメントを残す