カテゴリー別アーカイブ: Home

オススメの医療保険なんてない!? 医療保険のワナ。保険会社が医療保険を売りたがる理由

このたび、「生命保険一般募集人」と「損害保険一般募集人」の試験に合格しました~!! この資格は、保険の最低限度の知識を有している証明で、保険の募集をすることができます。逆にこの資格がないと、保険の案内すらしちゃいけないんですよ。 でも、別に保険を売り込むつもりは、全くないので、安心してください。笑   第一分野の生命保険、第二分野の損害保険、第三分野の医療保険 さて、保険会社というのは、いわゆる死亡保障に代表されるような生命保険と、車や火災保険に代表されるような損害保険に分かれます。ただ、医療保険は、どちらの分野の保険会社も取り扱えるようになっています。   最近、こぞって医療保険のCMしてますよね。なぜこんなに医療保険を売り出しているのか、個人的な考えですが・・・、儲かるからだと思っています。 しかも、昔入った保険だと、”入院5日目~” とか、”上皮内がんには、支払い...続きを読む

フィンガーペイントの企画と、絵の具を作り方、及び、注意点。

これからの時代を生きていくのに、必要な能力が「創造力」と「想像力」だと信じているわたし。 知り合いのデザイナーさんと話していて、それらを養うために、「フィンガーペイントで遊ぼう!」 と思い立ちました。笑   2~3年前から、ぜひやらせてみたかったんですけど、都内で、且つ近場でできるところがなかったのと、あと、チマチマした遊びじゃなくて、もっとダイナミックに遊ばせたかったんです。だから自分で企画しました。   だって、そんなこと、小さいうちじゃないとできないじゃないですか。   ということで、娘のお友達を集めて、フィンガーペイント大会♪     フィンガーペイントを企画して、みんなで遊びました! 場所は、区の施設。施設料800円で、美術工芸室というところを借りました。そこにブルーシートを敷いて、最初は普通に画用紙サイズでお絵かき。写真とるの忘...続きを読む

保険のイロハ。まずは、お手持ちの保険証券をひっぱりだして、中身を確認してみよう!

人生の三大出費ってご存知ですか?   「教育」、「住宅」、「保険」   なんだそうです。     もともと、金融商品にけっこう興味があって、株なんかもやっているんですけど、この度、ちょっとしたことをきっかけに、保険の勉強を始めました。     その保険で、もしもの時、保障は受けられますか? 結婚したてのとき、都民共済に入りました。「保険はどうしたらいい?」と母と義母に聞いたとき、保障は一番小さいものでいいのよ~ってアドバイスも受けたし。 それが多分、8~9年くらい前。 で、この前、自分の保険証券を改めて確認してみてびっくり!     なんと、ケガの場合の補償が「交通傷害」に特化されてました。。。   これはつまり、交通事故をにあったとき、+エレベーターやエスカレーターで事故にあったときしか保険の対象に...続きを読む

アメリカの大人気クラスの講師が教える、「子どもの創造力」の育て方。

このブログでも何度か書きましたが、わたしは、子どもたちがこれからの時代を生きていくために必要な能力は、「想像力」と「創造力」だと思っています。 今ある仕事の47%がITによって奪われていく未来では、ITにとって代わられないモノ、「想像力」と「創造力」をもった人が、より主体的に『自分らしい人生』を送っていけるだろうと思うからです。 では、どうやってその2つを育んでいくのか?そのヒントが知りたくて、アメリカで子どもの創造力を育てるための、大人気クラスを運営する女性が教えてくれるヒント。   子供はみんなアーティスト! 両親は、「自分の才能を生かして生計を立てていくのは難しい」と社会では当たり前とされていることを、私たち子どもに伝えることは一度もありませんでした。私たち子どもが夢を語る時、決して「うまくいかなかった時のために、他の道も考えておいた方が良い」とは言いませんでした。そのかわ...続きを読む

お勉強を優先させる幼児教育をほどこすと、子どもが将来生きる意味を見いだせず、「ストレス耐性の弱い人」になりやすい理由

「ぜひ、読んでみてください」とご紹介いただいたのが、コチラの本です。わたしにはちょっと難しい本でしたね(笑) 普段読んでいる本とは、少し趣が異なり、若干苦労しましたが、金言の数々でございました。     幼児期 子どもは世界をどうつかむか 本の概要 今日の幼児の世界は早くからおとな社会の強大な圧力にさらされています。-中略-幼児期においてこそ形成されるべき人間の生き方の基礎があるにもかかわらず、その獲得が不十分なまま、子どもたちはおとな社会へ投げ出されてゆきます。(P.2) 学力低下論で言う基礎学力にしても、学校以前の幼児期保育や現在の幼児の生活状況との関連から考えてかからないと、本格的な改革にはつながりません。たとえば、(P.6) 特に能力主義と情報処理の結びつきは「能率至上主義」を強化し、「オソイコト」「時間をかけること」はもっとも忌まわしい性質として位置づけられま...続きを読む

海外留楽の効果効能;気づいたら、子どもが外国人と気軽に話すようになっていました

今年の4月から、約3週間、NYに長期滞在したことは以前このブログでもお伝えしました。 効果効能というのは、時間が経ってからわかるものだと聞きますが、先日、その効果効能を知る、面白い出来事がありました。     近所のショッピングモールでのこと、娘が100円ショップを覗きたいというので、わたしはイスに座ってゲームしながら、待っている事にしました。   しばらくして、ふと気づくと、娘はハーフの女の子と友達になっていました。住んでいるのが新宿区なので、ハーフの子自体は珍しくもなんともありません。「楽しそうだね」と思いながら、そのまま放置(遊んでいたのは、店内ではなく、ちょっとしたスペースなのであしからず)。   もうしばらくすると、そのハーフの子のお母さんが現れました。お母さんは、フロリダからいらっしゃったという、生粋のアメリカ人(仮にエリーさんとしましょ...続きを読む