なぜ、若者はイスラム国へ向かうのか?わが子がイスラム国に取られる前にできること

a1180_003387「イスラム国」。もはや、不気味にしか聞こえないこの言葉、

イスラム国を崇拝した人間が、テロ行為を行う。シリアへ行き、軍事訓練を覚えた上で自国へ戻り、テロ行為を行うこともあるし、そうではなく、突然自国でテロ行為を行うこともある。もはや対岸の火事ではない、この行為。

日本国内でも先日、シリアへ行こうとした国立大学生が逮捕されるという事件が起こった。

海外の事例を見ても、若者たちがこの「イスラム国」に魅了(?)されるケースが多いようだ。

 

なぜ、若者たちはイスラム国へ向かうのか?

いろいろなメディアを見る限り、大きな理由は2つあるらしい

  1. 若者を取り巻く格差問題
  2. 心の問題

確かに、秋葉原の無差別殺傷事件などを見ても、仕事が上手くいっていないという理由で、事件を起こすことは多いようだ。仕事がある、ということは、心の平安にもつながるらしい。

以前、何かの週刊誌で、派遣社員として働いている男性の話が載っていた。彼は、第二次世界大戦のような戦争を望んでいるらしい。戦時中に、東大生が軍隊に入り、その学生が軍隊内でひどいイジメを受けたという話を聞いて、自分もそうしたい(落ちこぼれの自分が、東大生のような頭の良い人をいじめたい)というのだ。なんて屈折した話なんだろう・・・。

もう一つ、心の問題。「イスラム国」はソーシャルメディア戦略に長けていて、facebookやtwitterを使って、心に問題がありそうな人を狙い撃ちしているというのだ。なんて怖い。。

でもここで、「心に問題が無い人なんて、いるのかな?」という疑問が起こる。程度の差こそあっても、みんな何かしらはあるだろう。

 

では、ここで踏みとどまる人と、行ってしまう人の違いは何か??

 

それは「家族や親友との関係性」にあると、わたしは思う。だから、わが子がイスラム国に魅了される前に、密なコミュニケーションを。子どもが自分の全てを捨てて、忠誠を誓ってしまう前に。あなたをどれだけ愛しているか、知ってもらおう。

 

 

 

seiko について

たけうち せいこ 「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人に育てる」ことを教育方針にしています。具体的に言うなら、「自分で仕事を作って、稼いでいける力」を養う、ということでしょうか。 都内在住。『 みずがめ座×AB型』 という、占いでは「先進的で変人」と明記されることの多いわたしですが、個人的には非常に保守的な人間だと思っています。趣味は読書、あとオシャレをするこ と。夫と娘の3人暮らし。

コメントを残す