将来、「お金に困らない人」の育て方

a0002_006864子どもの金銭教育って悩みますよね。他は何歳くらいから、お小遣いをあげてるのかな?とか。いくらぐらいが相場なのかな?とか。

テレビで「借金相談」のCMがこれだけ蔓延しているのを見ると、「金銭教育」しっかりやらないとな!と思います。

コレで差がつく!わが子を「お金に苦労しない大人」にする3つの方法 というサイトがあったので、抜粋の上でご紹介します。

 

わが子を「お金に苦労しない大人」にする3つの方法

  1. ”困ったときには自分で稼いだお金が自分を支える”と認識させる
  2. ゲームなどで楽しみながらお金のことを学ばせる
  3. お金の使い方を実例から学ばせる

 

1.”困ったときには自分で稼いだお金が自分を支える”と認識させる

確かに、そうかもしれませんね。自分で稼げると、未来の選択肢が増えますしね。子どもが女の子だと「結婚させちゃえばいいや」という考えをお持ちのお母さんもいらっしゃいますけど、鬼畜野郎につかまってしまった場合、目もあてられない結果が待っているので、女の子と言えども多少は稼ぐ力があったほうが良いと思います。

2.ゲームなどで楽しみながらお金のことを学ばせる

サイトでは、モノポリーゲームが紹介されていました。わたしもモノポリーゲームは賛成です。ただ、月齢などの制限もかかってきますし、最初は人生ゲームで遊ばせています。「弁護士」とか「医者」になると給料良いですよね?家を買っても固定資産税とられませんよね(笑)?

人生ゲームは、「子どもが想像している大人の世界」だと思うんですよね。でも実際は、医者や弁護士に代表されるような高給取りになっても、使い方が悪いといつまでもお金もちになれないんです。そういうことをちゃんと分からせるために、最初は人生ゲームから遊ぶことを個人的にはオススメします。

3.お金の使い方を実例から学ばせる

サイトでは、「大きな会社の経営者やベンチャー企業の社長、はたまたスポーツ選手などが、どういったお金を使い方をしているか、子どもと一緒に見てみましょう」と紹介されています。

けれど、わたしが知る限り、お金もちは自分のお金の使い方を公表している方は少ないと思います。それに、オーナー社長と雇われ社長では考え方がほんっとうに違います!ま、お金の使い方は人それぞれ、といったところでしょうかね。

 

ちなみに我が家では、娘のお手伝いに応じてお小遣いをあげることがあります。彼女はそのお金を握りしめて、近所の駄菓子屋さんにダッシュ(笑)! そのお買いものについて、わたしから口を出されることはありません。

彼女はその体験を通じて、誰かの役に立つとお金がもらえることや、給料が安いことや(笑)、魅力的な商品を買う喜びを知ります。もうしばらくすれば、もっとお金を稼ぐために何をしたらよいか考えだすでしょう。

家の手伝いをして、お金をあげることには賛否両論ありますが、わたしは賛成派です。もし子どもが「お金くれないなら、やらな~い」などと言ったら、「じゃあ、もうあなたのごはんはつくらな~い」などと言って応戦すれば、自分がどんなことを言ったのか、理解できるでしょう。今のところ言われていませんが。

 

日本は、金銭教育を家庭でほとんどやりませんが、試行錯誤しながらでもやったほうがよいと思います。

seiko について

たけうち せいこ 「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人に育てる」ことを教育方針にしています。具体的に言うなら、「自分で仕事を作って、稼いでいける力」を養う、ということでしょうか。 都内在住。『 みずがめ座×AB型』 という、占いでは「先進的で変人」と明記されることの多いわたしですが、個人的には非常に保守的な人間だと思っています。趣味は読書、あとオシャレをするこ と。夫と娘の3人暮らし。

コメントを残す