まずはお母さんが「0から稼ぐ」経験をすべき

お母さんがまず「0から稼げ」と言うと、絶句してしまう方も多いかもしれませんが。でも良いことがたくさんあるんです。

わたしは培ったマーケティング脳を忘れないようにするため、「育休の1年間で第3者から仕事を受注する」ことを課しました。読書が趣味で、表紙を見るたびに”イイ表紙だな~”とか”このタイトルはそそるな~”とか考えていましたから、売れる表紙を分析するブログを始めました。そして、結果育休後になりましたが、第3者から仕事を受注したのです。この経験はわたしの世界観を180℃変えました。

 

お母さんが「0から稼ぐ」経験で得られるメリット

  1. 自分に自信が持てる
  2. 企業に勤めていないと生きていけないっていう圧迫感がなくなる
  3. 仕事がいかに尊いものか実感する
  4. せっかく好きなことができる国に生まれたから、お金のためだけに働くのは辞めようと思える
  5. 社会が何を求めているか、分かろうと努力する

 

1は説明は要らないですよね。

2も自分で稼ぎ出した経験により、「大丈夫。稼げるから」という自信につながります。

「会社は社員が暮らせるだけの給料を払い、社員はリストラされないだけの仕事量をこなす」という言葉を聞いたことがあります。でも、0から稼ぐ経験をすると「仕事って素晴らしい!」ということを身を持って知ります(笑)。

4 わたしは”給料がいくらか?”を大事にしてきました。せっかく働くなら自分が何をしたいか?よりも、お金を稼げるほうにポイントを置いていたんです。でも自分が0から稼ぐ経験をしてみて、これができるのも自由を保障されてる国に生まれたからだな、と思いました。お金のために働く人が、”意欲を持ってクリエイティブな仕事”なんてできません。

今後、ロボット化やシステム化が進むのに、”みんなと同じ仕事をする人”が安泰だと思いますか?

5 仕事をしようと思ったら、「何をしたら仕事になるか?」を考えないといけませんよね。そこで社会を知ろうとするんです。社会では「インターネットで調べれば1分でわかる知識を暗記するより、相手とコミュニケーションできる人が求められる」と身をもって知ります。

わたしが正に言いたいのはココ!東大に入れるために勉強机に縛り付けるよりも、どうしたらみんなでクリエイティブなアイディアを出し合えるか?という勉強のほうが、将来、よほど役に立つというものです。

 

以上、お母さんが「0から稼ぐ」メリット5つ。どうでしたか?

 

お母さんが「0から稼ぐ」ための最初の一歩

仕事でマーケティングなどに携わっていなかったら、「何からすりゃイイんだよ?」って思いますよね。まずは、趣味を楽しむことから始めましょう。興味を持って周りを見渡せば、「コレ、イケるんじゃない??」というものに必ず出会います。

わたしは、会社員のときから「コスト・労力をかけずに売上げを伸ばす方法」をず~~っと考えさせられてましたから、このあたりとっても得意分野なんです(笑)。次から次にポンポン思いつきます(笑)。

 

良ければ、相談に乗らせてください。もはや趣味なので(笑)。⇒コチラからどうぞ

 

 

seiko について

たけうち せいこ 「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人に育てる」ことを教育方針にしています。具体的に言うなら、「自分で仕事を作って、稼いでいける力」を養う、ということでしょうか。 都内在住。『 みずがめ座×AB型』 という、占いでは「先進的で変人」と明記されることの多いわたしですが、個人的には非常に保守的な人間だと思っています。趣味は読書、あとオシャレをするこ と。夫と娘の3人暮らし。

コメントを残す