② 娘が生まれたその時に、「良いお母さんにはならない」と決めました。

a0022_000239 児童相談所に通報されそうなタイトルですが、本当です(笑)。でももちろん、娘のことは心の底から愛しています。

こう思ったきっかけは、高校時代にヒマつぶしに読んだあるマンガの影響です。

 

良いお母さんになろうとした、ママの悲劇

マンガを要約するとこんな感じ。ママになった女性は、「良いお母さん」になろうと決意します。慣れない子育て、夜の授乳、出の悪いおっぱい・・・。そんななかでもひたすら頑張っています。

子どもが少し大きくなって離乳食の時期。一生懸命作ったごはんを全く食べてくれない子ども。公共の場で騒いだり泣いたり。赤ちゃんなので当然なのですが、赤ちゃんを好ましく思わない人が世の中にはいるものです。「どんな育て方してるんだか」といった目つきや何気ない一言に傷つき、「こんなに頑張っているのに・・・」といった思いが募っていきます。

頑張って、頑張って、でも相手は赤ちゃん。言葉も通じず、イライラが募り最後には我が子を叩いたり、食事をあげなかったり・・・。思いっきり虐待しちゃうんです。結局、警察に通報されて逮捕されるんですけど、その時に言った言葉が「ただ、いいお母さんになろうと思っただけなのに・・」って。

 

わたしの要約だと、いきなり豹変パターンに見えちゃいますけど(笑)、マンガではすごく自然な流れで虐待ママになっちゃうんですよ。もう、恐怖です。

前に紹介した明星先生の話で、「親が楽になると、子どもも楽になる」という話があったんですが、親が楽になるって本当に大事で大事で大事なことだと思います。

seiko について

たけうち せいこ 「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人に育てる」ことを教育方針にしています。具体的に言うなら、「自分で仕事を作って、稼いでいける力」を養う、ということでしょうか。 都内在住。『 みずがめ座×AB型』 という、占いでは「先進的で変人」と明記されることの多いわたしですが、個人的には非常に保守的な人間だと思っています。趣味は読書、あとオシャレをするこ と。夫と娘の3人暮らし。

コメントを残す