歯医者さんが大嫌いなわたしが見つけた、絶対に虫歯にならない方法!歯医者さん公認♪

a0002_004132 わたし、歯医者さんが死ぬほどキライです。ハイ、もう大っ嫌い!!!(笑) でも虫歯になるのはもっとキライなので、ケアの方法をいろいろ模索してきました。その模索した方法が合っているか、歯医者さんに確認しながら。巷では”良い”とされているケアの方法が全然間違っていたりして、本当にびっくり。個人的には、国語・算数・理科・社会より歯磨きの方が大事なんじゃないかと思ってしまうんですけどね。なんでもっと大々的に教えてくれないんだろう?ということで、以下に続きます。

 

間違った口腔ケアのあれこれ

まずは歯ブラシの硬さから。歯ブラシの硬さには、「柔らかめ」「普通」「固め」がありますよね。歯医者さんのオススメはもちろん「柔らかめ」です。「固め」だと”磨いた感”はあるんですけど、必要以上に歯と歯茎を摩耗してしまいます。キレイ好きの人が多いらしいんですけど、ガリガリ磨きすぎて歯茎が下がって歯槽膿漏になっちゃうんですって~。最悪。。。。ちなみにわたしはもちろん音波歯ブラシ。ブラウンの音波歯ブラシは2分で一度止まってくれるので、磨きすぎ予防もできます。

次に、歯磨き粉の量。歯ブラシいっぱいにブチュ~とつける人も多いですが、本当にちょっとで良いそうです。歯ブラシの毛の長さに対して1/3くらい。そしてゆすぐとき、ゆすぎは2~3回。「え~、もっとしたい!!」って感じですが、たいていの歯磨き粉にはフッ素が入っています。フッ素は虫歯を予防してくれるエライ子ちゃん。ゆすぎ過ぎるとせっかく口に満遍なく行きわたったフッ素が流れてしまいます。だから、2~3回。

それから”顆粒”が入っているタイプの歯磨き粉は要注意で、歯茎の中に入り込んで炎症をおこしたりもするそうです。わたしは顆粒タイプは使っていません。

 

絶対に必要!フロス!or 歯間ブラシ!

それから、寝る前にフロスをかけてます。どんなにキレイに磨いたつもりでも汚れが出てくるから不思議。ちなみに歯医者さん曰く、WAXタイプが良いそうです。100円ショップで売られているような、安すぎるやつはダメらしい。

↓ちなみにわたしが使っているのはコレ

index

 

それから歯医者さんがいつもやっている習慣、それはキシリトールガムを食後に噛むこと。食後で良いそうです。なんでも欧米では主流なんですって。「先生はどれくらい噛んでるんですか?」って聞いたら「僕は寝ながら噛んでます。味がなくなったら継ぎ足す派なので、合計でいくつ噛んでるのかわかりません」とのことでした。ちなみに、キシリトール箱の側面には、1回2粒、1日に7回噛んでくださいって書いてありますが、わたしが知る限り、毎食後3回くらいで良いそうです。

 

歯磨き粉を使えない子どもにオススメの口腔ケア

・・ホ・モ。シ・エ

娘の歯が生え始めた頃から、コチラの商品を使っています。歯医者さん曰く、安いフッ素コーティング商品には発がん性物質が含まれているそうです。歯医者さん曰くで自分で調べたわけではありませんが、上記の商品には発がん性物質が含まれていないとのこと。今や3人に1人がガン発症と聞きますが、体に良くないものは子どもに使いたくないですからね。

”たまに”の使用でも全然違うそうです。1歳後半~2歳くらいのとき、娘はなかなか歯を磨かせてくれませんでしたが、これのおかげかとってもキレイな歯です!

 

何度も言いますが、わたしは歯医者さんが大嫌いです!(笑) でも、おいしいごはんはいつまでも食べていたい。歯医者さんと仲良く、自分の歯とも仲良くしたいですね。親が歯を大切にすると、子どももきっと歯を大切にしてくれると信じています(笑)

seiko について

たけうち せいこ 「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人に育てる」ことを教育方針にしています。具体的に言うなら、「自分で仕事を作って、稼いでいける力」を養う、ということでしょうか。 都内在住。『 みずがめ座×AB型』 という、占いでは「先進的で変人」と明記されることの多いわたしですが、個人的には非常に保守的な人間だと思っています。趣味は読書、あとオシャレをするこ と。夫と娘の3人暮らし。

歯医者さんが大嫌いなわたしが見つけた、絶対に虫歯にならない方法!歯医者さん公認♪」への1件のフィードバック

コメントを残す