カテゴリー別アーカイブ: 親子留楽

滞在して分かった、アメリカの教育事情_5歳児編

ご存じの通り、アメリカは超学歴社会です。姉の娘は、わたしの娘と同じ5歳。地元のプリスクールに通っています。毎日、ちょっとした宿題も出されたりして、既に「小学校」な雰囲気。 でもやっている内容は、けっこう面白そうです。毎日、保護者に本を読んでもらって、その内容と心に残ったワンシーンを絵に描いたり(夏休みの絵日記みたいなやつ)、「Would」や「Many」などの単語を使って、文章を作る宿題だったり。 地区によって異なるのかもしれませんが、既にタブレットやPCを使った、自主勉強用のEコマースの授業も盛んです。ちなみに、私立校ではなく、地元の公立校に通っています。 E-コマースの授業といっても、本当にゲームみたい。一つの単元(約3分ほどのアニメーション)を終えると、ゲーム内で使えるコインがもらえます。あらかじめ、自分に似せたアバタ―や、そのアバタ―が住んでいるお部屋があるのですが、貯めたコインで家...続きを読む

NYに5歳の子どもを連れて、20日間行ってみた。

 2015年4月13日~5月2日まで、5歳の娘を連れて20日間、NYへ行ってきました。 出来るだけ、地元民のように過ごしたかったし、お金を節約したいこともあって、NYに住んでいる姉の家にお世話になることに。移動はもっぱら地下鉄を使いました。 地下鉄に乗りまくったこともあって、何番通り(もくしは、〇〇街)の△stとか言われれば、マンハッタンに関しては、だいたい地理がわかるようになりました。     アメリカのお金持ちは、ヘリで通勤します ご存じの方ばっかりですが、アメリカはとても貧富の差が激しい国です。ウォール街を観光したその日、姉に「ヘリがいっぱい飛んでいた」という話をしたら、アメリカのお金持ちはヘリで通勤しているんだ、という話を聞きました。 サブプライムローンの問題が起きた際、お金持ちたちがヘリを使わなくなったので、ヘリの会社が赤字を被っている、というニュースが流れた...続きを読む

【注意!】古いスーツケースをアメリカ旅行で使うと、空港でぶっ壊されます。

前の記事(安い航空券を購入する方法)でもご紹介したように、4月中旬から約3週間、NYに親子留楽しに行きます。北海道とほぼ緯度にあるNY。4月中旬の最低気温は10℃以下、5月の平均気温は18℃ほどと、気温差があります。 ということで、必要なのは大きなスーツケース。NY在住の姉曰く、「ダウンコートは必要ないけど、普通のコートとあとはインナーで調節する感じ」らしい。娘の洋服も入れなくてはいけないので、大きなスーツケースは必須。 スーツケースもお高いので、旅行慣れしている友人に、今回は借りることにしました。   が、しかし!!!! 今回お借りしたスーツケースには、TSAロックがついてない! ======================================================================== アメリカ同時多発テロ後、爆破物および危険物検査のために...続きを読む

安い航空券を購入する方法

4月中旬から約3週間、NYに”親子留楽” しに行きます。NYに行くために最も必要なもの、それはパスポートと航空券! 今回、往復共にANAの正規航空券を購入したのですが、5歳の娘の分を合わせて21万円ほどで買えました。諸々の税や燃油サーチャージなども含んでいます。到着日が祝日だったため、少し割高になってしまいました。行きも帰りも平日ならば、17万円台で買えましたから。まあ、こればっかりは仕方ないですね。   今まで、ネットで ”格安航空券” などでググって買っていたのですが、そんなサイトで表示されたものよりも、正規運賃のANAのほうが安かったんです。数千円ですけど。(正確に言えば、アメリカン航空などと同じ値段だったのですが、子連れの旅行なので、コミュニケーション等を考えて日系の航空会社にしました。) わたしに、安い航空券の買い方を教えてくれた本の内容は、コチラ   最安航...続きを読む

安い航空券の見つけ方

娘と一緒に海外留楽に行くにあたり、航空券の金額はやっぱり気になる! ということで、こんな本を読んでみました。 要約すると、「トラベルコちゃん」などの旅行サイトで最安値を確認したのち、航空会社のサイトで本当にその値段が安いのか?を確認するのが良い、とのことでした。 最近は、正規の値段もだいぶ安くなっているので、比較した結果あまり変わらないのであれば、マイレージなどの面等を考えて、航空会社で予約をとったほうが、席なども事前に好きなところを抑えられてお得だとのこと。   また、世界新聞さんによると、8週間前が航空券が最も安く買える時期らしいです。こちらのサイト、VIPラウンジをお得に使う方法なども紹介されていて、とても面白いです! よろしければ、楽job塾と合わせてぜひ♪

親子留楽_NY なぜNYを選んだのか?

 ←前回のNY旅行でとった写真 2011年9月、今から約3年半前、初めてNYへ行きました。当時まもなく2歳の娘と海外初の母と一緒に。 第一印象は、”道に穴が開いてる・・・”でした(笑)。駅のエレベーターの階数ボタンの色がつかなかったり。「バリアフリーって言葉知ってます?」って聞きたくなるほど、ベビーカー連れには悪路でした(笑)。 でも、全然困らなかった。なぜなら、困っているとすぐに人が助けてくれるから。すぐに、本当にすぐに助けてくれます!   子どもに優しいNY ニューヨーカーは本当に気さくでした。カフェで母と娘と3人で食事していると、隣の席にいたおじさんに話しかけられました。「僕には3人息子がいるんだけど、彼らのことをいつも追いかけていたよ。彼女はとてもおとなしいね!」とか。 スタバに入っても、店員さんは気さくに話しかけてくれます。でも、英語が聞き取れなくて「?」になると、あっ...続きを読む