カテゴリー別アーカイブ: BLOG

お勉強を優先させる幼児教育をほどこすと、子どもが将来生きる意味を見いだせず、「ストレス耐性の弱い人」になりやすい理由

「ぜひ、読んでみてください」とご紹介いただいたのが、コチラの本です。わたしにはちょっと難しい本でしたね(笑) 普段読んでいる本とは、少し趣が異なり、若干苦労しましたが、金言の数々でございました。     幼児期 子どもは世界をどうつかむか 本の概要 今日の幼児の世界は早くからおとな社会の強大な圧力にさらされています。-中略-幼児期においてこそ形成されるべき人間の生き方の基礎があるにもかかわらず、その獲得が不十分なまま、子どもたちはおとな社会へ投げ出されてゆきます。(P.2) 学力低下論で言う基礎学力にしても、学校以前の幼児期保育や現在の幼児の生活状況との関連から考えてかからないと、本格的な改革にはつながりません。たとえば、(P.6) 特に能力主義と情報処理の結びつきは「能率至上主義」を強化し、「オソイコト」「時間をかけること」はもっとも忌まわしい性質として位置づけられま...続きを読む

海外留楽の効果効能;気づいたら、子どもが外国人と気軽に話すようになっていました

今年の4月から、約3週間、NYに長期滞在したことは以前このブログでもお伝えしました。 効果効能というのは、時間が経ってからわかるものだと聞きますが、先日、その効果効能を知る、面白い出来事がありました。     近所のショッピングモールでのこと、娘が100円ショップを覗きたいというので、わたしはイスに座ってゲームしながら、待っている事にしました。   しばらくして、ふと気づくと、娘はハーフの女の子と友達になっていました。住んでいるのが新宿区なので、ハーフの子自体は珍しくもなんともありません。「楽しそうだね」と思いながら、そのまま放置(遊んでいたのは、店内ではなく、ちょっとしたスペースなのであしからず)。   もうしばらくすると、そのハーフの子のお母さんが現れました。お母さんは、フロリダからいらっしゃったという、生粋のアメリカ人(仮にエリーさんとしましょ...続きを読む

映画「ミニオンズ」のあらすじと、豊島園にあるユナイテッドシネマで見る際のお得な方法(au利用者に限る)。

先日、娘が「ミニオンズがみたい!」というので、見に行ってきました。場所は、豊島園にあるユナイテッドシネマ。駅からすぐなので、オススメです。   話しの内容は・・・、白字にするので、知りたいかたは、反転させて読んでください。 ボスに仕えることに喜びを感じるミニオンズ。そのボスは、ワルであればワルであるほどイイ!! 仕えてきたボスをひょんなこと(実際は、過失により殺してしまうんですが・・)で失ってしまい、新たなボスを探すことに。 そこで見つけたのは、ワルのなかのワル! スカーレット・オーバーキルという女怪盗。彼女のために、イギリス女王の王冠を奪取します。が、奪取した結果、スカーレットの怒りを買ってしまい、ドタバタの戦いをすることに・・・! 続きは、映画館でどうぞ。   ちなみに、携帯機種がauの方で、スマートパスをお使いなら、いつでも大人は定額より400円引き、子どもは10...続きを読む

理由がない登校拒否を訴える子どもと、その対応のヒント

子どもが「学校へ行きたくないっ!」と訴えること、ありませんか?娘は、このフレーズをよく使います。悩みどころなのは、「行きたくないっ!」と言いながら、行ったら行ったで、ニコニコして友達と遊び、その日の夜に、今日どうだった?と聞くと、「楽しかった!」と笑顔で答えること。   なんだ、問題ないじゃん。とお感じになるかもしれませんが、行きたくないっ!と訴えるときは、大粒の涙をポロポロ流し、それは悲壮めいているのです。しかも、ほぼ毎朝。実は本当に・・、と思ってしまいます。   ところで、あなたも、自分のお子さんには”こうなって欲しい”という想いがあると思います。”のびのび明るく” だったり、”人に優しく” だったり。   我が家の教育方針は、「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人に育てる」です。将来像を言ってしまえば、「自分で仕事を作り、稼げる力を身につけ...続きを読む

あなた好みのピッタリのワインを、簡単に見つける方法♪

ワイン、お好きですか? わたし、大好きなんです♡ でも、自分にとっての、当たり外れが多くて、困っていました。 〇〇金賞受賞!みたいな広告で買ってみると、あんまり口に合わなかったり・・。   でも、すごく良い本に出会って、知識を身につけてからは、美味しいワインにばかり出会えるようになりました! NYでも思ったんですが、ワインって高ければいいワケじゃないんですよね。NY在住の姉も言ってましたが・・。   そんな、ステキな情報をくれた本はコレ! 赤、白、ロゼ、ビノワインの説明等が、わかりやすく、そして可愛いイラストたっぷりで説明されてます。   我が家は、旦那さんが酒飲みで、毎晩、晩酌をするのですが、そんな彼とおつまみを用意して一緒に飲むのは、なかなか楽しいし、コミュニケーションも図れて、良いこと尽くしです。   ワイン好きなら、ぜひ!!

すぐにかんしゃくを起こす子どもに勉強を教えているけど、なかなかうまくいっている話②

以前、スパルタ先生ごっこをして、娘にひらがなの書き順を教えた記事をアップしました。 今回は、その続き。   結論から言いますと・・・ 先生と生徒が逆転しました。娘が先生、わたしが全く勉強をやる気じゃない生徒の役です(笑)。   これが意外と上手く行きまして、より主体的に、そして積極的に教えてくれます(笑)。そういえば、ウチの娘は教えるのが大好きなんです。理科など、ものすごいウソを教えられてるときもありますが、「へぇ~、そうなんだ~」で流しています。(今は正解よりも、好奇心と積極性を伸ばしたいので。)   余談ですが、彼女が小学校へ上がったら、わたしに勉強を教えてくれるお約束です。というのも、わたくし、数学と物理が大の苦手だったんです。この2教科あるだけで、高校もランクを下げる羽目になりました。。 小学校からやり直せば、絶対に出来るようになるでしょ??(たぶん、...続きを読む