あなたの子どもが、あなたを困らせる行動ばかりする「本当」の理由とは?

a0022_000239わたしの娘も、もうすぐ6歳。最近、口げんかをすることが多くなりました(泣)。お片付けしないとか、言われてもやらないとか、些細なことなんですが、「年長さん」「もうすぐ小学生」という思いが、わたしの中にあるんでしょうね。ついつい、小言が多くて、自分でも嫌になります。

思春期にグレてしまった子の多くが、「小さい頃は両親とも仲が良く、よく外出もしていたのに・・・」と話していたことを思い出し、こんな本を読んでみました。

 

子どもの本当の気持ちが見えるようになる本 本の概要

61QZXugfk8L._AA324_PIkin4,BottomRight,-54,22_AA346_SH20_OU09_

  • お母さんは子どもをよく怒ります。本当は怒りたくないのだけれど、怒っています。子どもは、よく怒る人は「自分のことを嫌っている」と思うそうです。自分は嫌われているからよく怒られるのだ、と。(P.2)
  • 子どもの欲求は、大人が「してほしくない」と思うものに多く、大人が「してほしい」と思うものは、子どもの欲求の中にはありません。(P.38)
  • 「自分のことをわかってくれている」という思いが、子どもを落ち着かせ、安心させます。何かを言われた時も、聞く耳を持てるようになります。子どもの気持ちがわかるようになるだけで、子どもからより好かれ、より信頼され、素直に聞く耳をもつようになってくれる・・・。するとどうなるか。子育てがウソのようにやりやすくなるのです。(P.46)
  • (子どもはお母さんに遊んでほしいと思っていますが)子どもは遊んでもらったのが10分だったか10秒だったかはさほど問題にしません。しかし、10秒でも遊んでもらったか、全然遊んでもらえなかったかは(何十年先まで)問題にします。(P.65)
  • 「何度言ったらわかるの」と言いたくなったら、まだ2回しか言っていないと思いましょう。子どもは「10回言ってやっとわかってくれる」くらいに思っていればいいのです。(P.119)

 

 

まだ〇年しか生きていない子どもを、大人同等に扱っていないですか?

a1750_000014

わたし、グウの音も出ないです。。

こちらの本が最も言いたいことは、「子どもはお母さんが大好きで、お母さんも子どもが大好きでしょ?」ということだと思います。

お母さんを困らせてばかりいる子どもも、お母さんを「困らせよう」と思っているわけではなく、「お母さんに甘えたい」とか「好奇心が強くて・・」とか、そんなことばかり、なんだそうです。本書にもあるように、「子どもに理解を示せば、びっくりするくらい子育てがやりやすくなる」というのは本当だと思います。

 

ちなみに子どもを怒ったときは、

 

「お母さんは、あなたが大好きよ。お母さんは、あなたのしたことを怒っているの。」

 

と付け加えると、我が家の場合、とたんに娘がしおらしくなります(笑)。詳細は、「話題の「新型うつ」について調べてみた」をご覧ください。

 

まだ〇年しか生きていない子どもは、圧倒的に経験が足りず、大人のように上手にはできません。そう、その通り。わたしを含め、みんなちゃんとわかっていると思うんですけどね。ついつい、日常生活に追われて、その事実をおざなりにしちゃうんですかね。

我が家の場合、たくさんお小言を言っても、娘は改心する兆しが見えません。でも、「いつもありがとう」とか言うと、保育園で使ったタオルなどを率先して洗濯場に持って行ってくれます(笑)。そんなものなんでしょうね。

ある本の中で、「子どもの否定的な行動の裏には、肯定的な感情が隠されている」という文面がありました。非行に走ってやんちゃばかりする子どもの感情の奥底には、自分に注目して欲しいという気持ちが眠っているそうです。

 

お母さんを困らせたい子どもなんて、本当はいないんでしょうね。手遅れにならないように、良好なコミュニケーションを図れるようにしたいです。

こちらの記事もオススメします→ 悩み、苦しみ、自殺してしまった子も多数見てきた夜回り先生が、「子育てで一番大切だと思うこと」。

 

あなたは、どう思いますか?

 

seiko について

たけうち せいこ 「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人に育てる」ことを教育方針にしています。具体的に言うなら、「自分で仕事を作って、稼いでいける力」を養う、ということでしょうか。 都内在住。『 みずがめ座×AB型』 という、占いでは「先進的で変人」と明記されることの多いわたしですが、個人的には非常に保守的な人間だと思っています。趣味は読書、あとオシャレをするこ と。夫と娘の3人暮らし。

コメントを残す