簡単にマネタイズ力を身につけたい!と思ったときにオススメの本

マネタイズ力(=何かをお金に変える方法)を身につけることは、この時代必須の能力だと個人的には思う。下手に奨学金とかもらって進学するよりも、よっぽど重要だ。

家入さんていう方を、不勉強なわたしは全然知らなかった。都知事選に出た人だよね?ってことくらい。わたしは娘に「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人」になって欲しいと思ってる。そのために必要だと思うことは4つ。

  1. 心身ともに健康であること
  2. 相手と良好なコミュニケーションがとれること
  3. 好きなものがあること
  4. マネタイズの能力があること

お金がないと、楽しい生活は送りづらいので。ということで、タイトルに惹かれて読んだ本。

51pfOweC1tL._SL500_AA300_

15歳から社長になれる。 本の概要

  • やりたいことがあるならやればいい。今いる世界がつらいなら、そこから全力で逃げ出して、外の世界に飛び出しちゃえばいい。今、起きていることの意味は、あとからじゃないとわからない。でも、生き続けていれば意味は見つかる。だからまずは目に前にあることから始めよう。p.16
  • 正直言って今はもう「大企業に就職したから」「公務員になったから」一生安泰。みたいな時代じゃない。なら、どうしたらいいのか。そんな時代を生きていくために、何が必要なのか。それは、「自分で仕事をつくって、稼いでいける力」を身につけることだと僕は思う。だからこそ、「俺でも、私でも、起業できるんだ!」という事実を、早いうちから知っておいたほうがいい。p.19
  • そしてもうひとつだけ、社長にとって絶対に欠かせない、どうしてもしなければいけない大切なことがある。それは、「物語を語る」ってことだ。p.58
  • 結局、大人の言うことをあんまり真に受けずに、「自分が本当にいいと思うもの」「自分が本当に悪いと思うもの」をたくさん見て、自分の価値観をつくっていくことができれば、おのずとスルースキルみないなものは身に付くと思うんだよね。p.136

 

この世はルールを作った者と、ルールに従う者の2種類がいる。

姉は今から約6年前にアメリカに渡ったんだけど、電話で経済の話になった時のこと。「なぜ日本人はこんなに勤勉なのに、アメリカに勝てないんだろう?」とわたしが言うと、「アメリカがルールを作っているからだよ」と姉は答えた。なるほどなって。

派遣で生活している人がジリ貧なのは、ルールを作った人がジリ貧になるようにしたから。その中であがいても上には行けない。

 

超余談だけど、わたしは育休中に「売れる本の表紙を分析するブログ」を作って、表紙を装丁する仕事まで受けた。何の組織にも頼らず、自分の力だけで成しえたその仕事は、今までのわたしの価値観を大きく変えた。

責任はハンバなかったけど、仕事は超絶楽しかった。わたしがルールを作った。1回でもらえるお金は多額だった。会社員として受けてたら、たぶんこれの1/5くらいだと思う。

この経験があったからこそ余計に思う。マネタイズ力は超重要。マーケティングの授業とか、ぜひ中高生くらいの時期にやって欲しい。その後の人生の武器になってくれるはずだ。わたしもちょこちょこ娘にやっていくつもりでいます。

seiko について

たけうち せいこ 「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人に育てる」ことを教育方針にしています。具体的に言うなら、「自分で仕事を作って、稼いでいける力」を養う、ということでしょうか。 都内在住。『 みずがめ座×AB型』 という、占いでは「先進的で変人」と明記されることの多いわたしですが、個人的には非常に保守的な人間だと思っています。趣味は読書、あとオシャレをするこ と。夫と娘の3人暮らし。

コメントを残す