seiko のすべての投稿

seiko について

たけうち せいこ 「国や社会の枠組みを越えて、自由に人生を演じられる人に育てる」ことを教育方針にしています。具体的に言うなら、「自分で仕事を作って、稼いでいける力」を養う、ということでしょうか。 都内在住。『 みずがめ座×AB型』 という、占いでは「先進的で変人」と明記されることの多いわたしですが、個人的には非常に保守的な人間だと思っています。趣味は読書、あとオシャレをするこ と。夫と娘の3人暮らし。

浮気性もドラッグも、すべての原因は「愛着障害」のせい

最近、この「愛着障害」という言葉を聞いて、いろいろ本を読んでみたりしていたんですが、子育てしている人には、ぜひ知っていても損はないんじゃないかなと思うので、今日はこちらを。 愛着障害 子ども時代を引きずる人々 人間が幸福に生きていくうえで、もっとも大切なもの-それは安定した愛着である。愛着とは、人と人との絆を結ぶ能力であり、人格のもっとも土台の部分を形づくっている。 従来、愛着の問題は、子どもの問題、それも特殊で悲惨な家庭環境で育った子どもの問題として扱われることが多かった。しかし、近年は、一般の子どもにも当てはまるだけでなく大人にも広くみられる問題だと考えられるようになっている。しかも、今日、社会問題となっているさまざまな困難や障害に関わっていることが明らかとなってきたのである。-中略- 困難なケースほど、愛着の問題が絡まっており、そのことで症状が複雑化し、対処しにくくなっている。(p....続きを読む

子連れで海外!長時間のフライトでも子どもがグズらない、オススメグッズ♪

家族で海外旅行って楽しいですよね♪ 楽しい思い出が増えることは、良いことです。昔、韓国の仁川空港で、搭乗口まちがえて、空港をダッシュしたことも今では良い思い出・・・。あの時は本当に、出国できないと思ったなぁ・・・(←遠い目)   ただね、子どもがすごく小さいと我慢ということができませんから。ある意味、1歳の赤ちゃんの頃より、3~4歳のほうが大変だったりするかもしれない。笑 そんなときにすごーく重宝した(今でも使ってる)のがコレ。   ↓子ども用のヘッドフォン 写真は ちいさなプリンセス ソフィア のヘッドフォンです。かわいいですよね。そこそこお値段はするかもしれないですが、娘はこのヘッドフォンをして片道13時間のフライトもなんなくクリアしました。東京-NY間を2往復してますが、大丈夫でしたね。   飛行機には、子ども用の映画がいっぱいありますからね(ただし、日...続きを読む

子連れで海外

娘が1歳の頃から、一緒に海外に行っています。 子連れで海外・・・・。大変ですよね。笑   でも、楽しいこともいっぱいあります!見て欲しいものもいっぱいある! 日本って安全なんだとか、世界にはこんな食べ物があるんだ、とか。感動するものばかりじゃなくて、美しくないものも見て欲しいなとも思っています。   赤ちゃんの頃から、そこそこ大きくなった今まで、いろんなところに行ったし、いろんなことを経験しました。そんな経験のなかから、このサービスは使えた!とかこれを持っていくと正解だった!とか、そんな話をアップしていきたいと思います。

【座間 大量殺人事件】 自宅のリビングで凶悪犯に出会ってしまう世界から、子どもを守るには?

座間の事件は本当に凄惨で、被害者のお兄さんの行動がなかったら、もっともっと被害が大きかったと思うと震えあがりますね。。   この事件のもっとも恐ろしいところは、加害者の異常性もさることながら、被害者がSNSで加害者と知り合ってるということです。   例えば、家族団欒のリビングの場で。子どもがピコピコとケータイをいじってる。 友だちとLINEしてるのかと思ってたら、それは羊のお面を被った凶悪犯だった!なんてことが、実際に起こりうるし、起こっているのです。   自宅のリビングにいながら、凶悪犯と関わりあっているという恐怖   例えば、内閣府政府公報室から、子どもが巻き込まれたネット犯罪の事例がでています。 スマホの「無料通話アプリ」で出会った男にわいせつ被害 (準強姦被害) 16歳の女子高生Aさん。 ID交換掲示板サイトで知り合った男に睡眠薬で眠らされて...続きを読む

【座間 大量殺人事件】 死にたいと悩む子どもに、悩みごとを打ち明けてもらうには?

さて、今日も座間事件です。それにしても、骨と肉を削ぎ落とすなんて、人間の沙汰じゃありません。 事件の被害者たちは、死にたいと悩む若い女性がターゲットでした。 なかには女子高生もいたりして、青春真っ盛りに…と思うと、そして女の子の母親としても胸が痛むばかりです。。   さて、悩みを抱えている子どもから、悩みを打ち明けてもらう効果的な方法を心理カウンセラーの先生に聞きました。     それは…     一緒にごはんを食べる!だそうです。   え?って感じ?? ですよね。笑   でも昔から「同じ釜のメシを食った仲」とか言いますよね。 あれは心理学的にも効果を認められていて、ビジネスでも会食と称して、ごはんを食べながら商談をすると、スムーズにコトが運ぶことが多いんだそうです。   心理カウンセラーの先生に言わせると、お...続きを読む