親子留楽

昔から、ドラクエが好きです。学生時代、”石版のカケラを集めて、世界を復活させる”という物語をやっていました。主人公の親友である国の王子さまが言うんです。「世界にたった一つの陸地しか存在しない、なんて信じられない。もっと他の国や世界が存在するはずだ!」って。

 

一緒にやってくれてた後輩が言いました。「世界にひとつだけの国で育ったら、そもそも”世界”っていう概念がないと思うんですけどね。」

 

・・・。確かに。

 

日本は基本的に、ワンカルチャーの国です。素晴らしい国のひとつですが、日本色に染まって、それが全てとならないように。窮屈ですから。

a1380_001303

 

「親子留学」というものが巷で人気だそうです。けれど個人的には、せっかく大金を払って異国の地へ行き、青空の下クラスにこもってお勉強というのが勿体ない気がします。せっかくなら、アパートを借りて、地元のスーパーへ行き、地元民として暮らしてみる。

日本とは違う価値観、生活スタイルはわたしたちを違う世界に連れて行ってくれます。英語の勉強は日本でも出来る。勉強した英語で、本当の意味でcommunicateしませんか?

親子留楽」への1件のフィードバック

コメントを残す